水産用水基準
(社)日本水産資源保護協会「水産用水基準」(2005年版)平成18年


水 域
河 川
湖 沼
海 域
BOD 自然繁殖条件:3mg/L以下
(サケ・マス・アユ:2mg/L以下)
生育条件:5mg/L以下
(サケ・マス・アユ:3mg/L以下)
COD
«CODMn»
自然繁殖条件:4mg/L以下
(サケ・マス・アユ:2mg/L以下)
生育条件:5mg/L以下
(サケ・マス・アユ:3mg/L以下)
«CODMn»
一般海域:1mg/L以下
ノリ養殖場や閉鎖性内湾の沿湾域:2mg/L以下
全窒素
コイ・フナ:1.0mg/L以下
ワカサギ:0.6mg/L以下
サケ・アユ0.2mg/L以下
環境基準における
水産1種0.3mg/L以下
水産2種0.6mg/L以下
水産3種1.0mg/L以下
ノリ養殖の最低必要栄養塩濃度:(無機態窒素)0.07〜0.1mg/L以下
全リン
コイ・フナ:0.1mg/L以下
ワカサギ:0.05mg/L以下
サケ・アユ0.01mg/L以下
環境基準における
水産1種0.03mg/L以下
水産2種0.05mg/L以下
水産3種0.09mg/L以下
ノリ養殖の最低必要栄養塩濃度:(無機態リン)0.007〜0.014mg/L以下
溶存酸素(DO) 一般:6mg/L以上
(サケ・マス・アユ:7mg/L以上)
一般:6mg/L以上
(サケ・マス・アユ:7mg/L以上)
一般:6mg/L以上
内湾魚場の夏季低層において最低維持:4.3mg/L以上
pH
6.7〜7.5
6.7〜7.5
7.8〜8.4
生息する生物に悪影響を及ぼすほどpHの急激な変化がないこと
懸濁物質(SS) 25mg/L以下(人為的に加えられる懸濁物質は5mg/L以下)
・忌避行動などの反応を起こさせる原因とならないこと。
・日光の透過を妨げ、水生植物の繁殖、成長に影響を及ぼさないこと。
サケ・マス・アユ:1.4mg/L以下
(透明度4.5m以上)
温水性魚類:3.0mg/L以下
(透明度1.0m以上)
人為的に加えられる懸濁物質は2mg/L以下
・海藻類の繁殖に適した水深において、必要な照度が保持され、その繁殖と生長に影響を及ぼさないこと。
着色 光合成に必要な光の透過が妨げられないこと。忌避行動の原因とならないこと。
水温 水産生物に悪影響を及ぼすほどの水温変化のないこと。
大腸菌群数 1000MPN/100mL以下であること。(ただし、生食用かきを飼育:70MPN/100mL以下)
油分 ・水中には油分が含まれないこと。
・水面には油膜が認められないこと。
底質 河川及び湖沼では、有機物などにより汚泥床、ミズワタ等の発生をおこさないこと。海域ではCOD(アルカリ性法)20mg/g(乾泥)以下、硫化物0.2mg/g(乾泥)以下、n−ヘキサン抽出物質0.1%(乾泥)以下であること。
微細な懸濁物が岩面、礫または砂利などに付着し、種苗の着生、発生あるいはその発育を妨げないこと。
溶出試験(環告14号)により得られた検液中の有害物質のうち水産用水基準で基準値が定められている物質については基準値の10倍を下回ること。ただし、カドミウム、PCBについては溶出試験で得られた検液中の濃度がそれぞれの化合物の定量下限を下回ること。ダイオキシン類・150pgTEQ/gを下回ること。