この地球上で暮らす多くの生物、そしてそれらの生物同士が複雑に関係し合う生態系は、わたしたち人間にさまざまな恵みをもたらすとともに、地球上の全ての生物にとって欠かすことのできない基盤となっています。
 当社は、動植物や生態系に関わる現況調査をその生物に応じた手法を用いて、生物の多様性や健全な生態系の保全が行えるように調査を行い、その上で影響予測、保全対策の提案等を行っています。



植物
・任意踏査
・植生調査
・毎木調査
【植物】植生調査

哺乳類
・自動写真撮影調査
・トラップ調査
・フィールドサイン(生活痕跡)調査
【哺乳類】自動写真撮影調査(キツネ)

鳥類
・ラインセンサス法
・ポイントセンサス法
・猛禽類生息状況調査
【鳥類】ラインセンサス法

両生類・爬虫類
・任意採取法
・トラップ法

昆虫類
・スウィーピング法
・ビーティング法
・ベイトトラップ法
・ライトトラップ法(カーテン法)
・ライトトラップ法(ボックス法)

水生生物
・網捕獲法(投網・手網・サデ網・さし網)
・カゴ罠(カニカゴ・魚カゴ・モンドリ・どう)
・コドラート法(サーバーネット)
・キックスウィープ法
・スコア法
【水生生物】魚類調査(どう)
【水生生物】魚類調査(投網)

海洋生物
・コドラード法(付着・干潟生物)
・潜水調査(藻場分布・海藻類)
【海洋生物】潜水調査